診療・検査medical

二段階移植とSEET法

二段階移植

初期胚を先に移植することで子宮内の着床環境を整え、次に移植する胚盤胞がより高い確率で着床することをねらいとした方法が二段階移植と呼ばれるものです。この方法は、反復ART不成功例に対する移植方法として用いられ、良好な成績を得ています。

SEET法(シート法)

二段階移植は、胚を2個入れているので多胎になるリスクもあります。そこで考案されたのが、SEET液移植です。二段階移植で初期胚をいれる代わりに胚培養した時の培養液を移植する方法です。培養液中の胚由来の因子により子宮内膜を刺激し、胚盤胞が着床するための準備を促します。実際に移植する胚の個数は1個なので、多胎になるリスクは低くなります。受精卵を5日間または6日間培養し胚盤胞に育ったら、一旦その胚を凍結し、別にその胚を培養するのに用いた培養液を別に凍結しておきます。

 

 

診療・検査一覧へ