診療・検査medical

胚移植について

 

新鮮胚移植

採卵と同じ周期に移植する方法を新鮮胚移植といいます。

 

凍結融解胚移植

一度凍結してから、採卵周期とは別の周期で子宮内膜の環境が良い時に、胚を融解し、移植する方法を凍結融解胚移植といいます。

 

アシステッドハッチング

移植当日、凍結胚を融かして子宮に戻します。胚には透明帯と呼ばれる殻があります。この殻から出て内膜に着床します。この殻が、年齢や胚の凍結によって硬くなると、胚が殻を破れずに着床できない場合があります。そこで、融解後にこの殻の一部を取り除いてあげることで、殻から出てきやすくするのが、このアシステッドハッチングまたはAHAという方法になります。当院ではレーザーを用いてより安全かつ正確にアシステッドハッチングを行っています。

 

SEET法(シート法)

二段階移植は、胚を2個入れているので多胎になるリスクもあります。そこで考案されたのが、SEET液移植です。二段階移植で初期胚をいれる代わりに胚培養した時の培養液を移植する方法です。培養液中の胚由来の因子により子宮内膜を刺激し、胚盤胞が着床するための準備を促します。実際に移植する胚の個数は1個なので、多胎になるリスクは低くなります。受精卵を5日間または6日間培養し胚盤胞に育ったら、一旦その胚を凍結し、別にその胚を培養するのに用いた培養液を別に凍結しておきます。

 

二段階移植

初期胚を先に移植することで子宮内の着床環境を整え、次に移植する胚盤胞がより高い確率で着床することをねらいとした方法が二段階移植と呼ばれるものです。この方法は、反復ART不成功例に対する移植方法として用いられ、良好な成績を得ています。

 

二個移植

初期胚または胚盤胞を同時に二個移植する方法です。

 

エンブリオグルー

エンブリオグルーはヒアルロン酸を添加することで胚が子宮内膜に着床しやすくする効果を目的としています。

 

移植個数について(日本産婦人科学会会告より)

生殖補助医療における多胎妊娠防止に関する見解

生殖補助医療に胚移植において、移植する胚は原則として単一とする。ただし35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性などについては、2胚移植を許容する。 (日本産科婦人科学会会告より抜粋)

診療・検査一覧へ